中古マンションの魅力・特徴

中古マンションの魅力・特徴 最近では新築マンションよりも中古マンションを購入する方が増えてきています。
これは新築には無い中古マンションならではのメリットが広く知られるようになった為で、よほど強いこだわりを持った方以外は中古で購入する事が多くなっています。
中古マンションの最大の魅力としては、価格の安さが挙げられます。例えば同じようなグレードの物件であったとしても、新築に比べて2~3割は安くなっていますし場合によっては半額程度になっている事もあります。
また、物件数の多さも魅力の一つになっています。
こちらも例を挙げると自分が住みたいエリアを限定した場合には、新築に比べて圧倒的に中古物件の方が多くなります。これはそのまま選択肢の多さになりますので、自分の希望する物件と出会える確率も高くなります。
そして、実物を見学出来ると言うのも大きなポイントになっています。
モデルルームなどでは実際のイメージが把握できませんし、生活動線や家具の配置なども不確かな部分があります。しかし実物を見学する場合はその問題点が解決されます。
実際に人が住んでいる状況を確認出来る事は非常に大きなメリットになりますので、中古マンションならではの魅力的なポイントになっています。

新築に比べて割安な中古マンションの長所

新築に比べて割安な中古マンションの長所 マンションは、一度人の手に渡り中古となると、新築の場合と比べて大幅に価格が下がります。
そのため、築年数の比較的浅いものであっても、新築に比べて割安に手に入れることができるという長所があります。
そのため、中古マンションを購入する場合には、同じ予算であっても新築物件を購入する場合に比べて、広い物件を購入することもできます。
また、都市中心部の駅の近くなど利便性の高い地域では、既にマンションや一般住宅が立ち並んでおり、新築マンションが建築される余地が少なくなっています。
そのため、新築のマンションは都市の中心部から遠く離れた郊外に建築されることも多く、利便性の低い場所が多くなっています。
この点、中古マンションであれば都市中心部の利便性の高いところから、郊外などの静かな地域におけるものまで数多くの物件から選択することができ、予算や生活に合わせて検討することができます。
また、一度手に渡ることによってマンションなど住宅の資産価値は大幅に下落することから、新築マンションを購入した場合にはその後の値下がり幅が大きいものとなりますが、元々中古マンションであった場合には、購入後の値下がり幅は小さくなり、売却する場合の損失は小さいものとなります。

おすすめの「中古マンション」関連リンク

住まいの最善を見つめ続ける不動産コンサルタント会社のサイト

文京区 中古マンション